サッカーコラム発信基地

国内・海外サッカーの試合結果やニュースなど論評を交えながらコラムを掲載。
サッカーショップ加茂 おすすめ商品!
サッカーコラム発信基地トップ

42歳のカズ「未知の世界」 プロ24年目のシーズンへ

Jリーグ2部(J2)横浜FCのFW三浦知が26日、42歳の誕生日を迎えた。
横浜市内のグラウンドにはテレビカメラ5台、報道陣約40人が詰めかけ「こんなに祝福されて幸せだね」と目を細めた。
好物のおはぎや花束、特大ケーキなど数々のプレゼントに囲まれるなど、その人気は衰え知らずだ。
3月8日の湘南との開幕戦に出場すれば、かつて一緒にプレーしたラモスの41歳9カ月5日を抜き、J1を含めリーグ最年長出場記録を更新する。
「日本サッカーで42歳を越えた選手はいない。未知の世界だけど、ただやるだけじゃ周りも納得しない。プロとして質の高いプレーを見せたい」と決意を新たにした。


横浜FCの樋口監督も「42歳とは思えない充実ぶり」と認める。
開幕前に故障した昨季とは明らかに違う。
「ここ数年で状態は一番いい。どれだけできるか楽しみだし、自分自身に期待している」。
前人未到の領域に踏み込む“キング・カズ”のプロ24年目のシーズンが間もなく始まる。
メキシコオリンピックの銅メダル以来、低迷していた日本のサッカーに新風を吹き込んだパイオニアとして出来るだけ長くプレーしてほしい。
やはり「カズ」は俺たちのアイドルだったから。。。



サッカーの競技規則を改定??

サッカーのルールが大幅に変わるかもしれない。
国際サッカー評議会が今月28日に選手を一時的に退場処分とする新ルールの導入を協議する。
他にもレフェリーの増員やハーフタイムの延長、選手交代枠の増員などもあわせて協議するらしい。


まず選手を一時的に退場処分とする事に関しては、簡単に言うとイエローカードとレッドカードの中間的な処分として、オレンジカードを導入するということ。
要は提示された選手は一定時間フィールドから退場し、また戻ってこれるといったペナルティーだ。
ラグビーなどではすでに存在するペナルティーでそれをサッカーにも取り入れようということだ。
確かにレッドカードでは重いなと思ったこともあるし、逆にイエローカードでは甘いとも思ったこともある。
その中間のペナルティーを作るのは理解できるが、そもそもこのルールが検討されているというのは、今のサッカーが戦術の発達による守備重視に偏り、技術を持った選手やいい攻撃対して、ファール覚悟で攻撃を止めにいく傾向が強いためである。
プレーが中断してサッカーの醍醐味や魅力が無くなってしまっている現代サッカーにおいて、このルール改正はチームとしての戦い方自体が変わってくる可能性がある。
俺自身は、つまらないファールで試合が途切れず攻撃的な試合が増え賛成である。


他にもレフェリーの増員や交代枠の増員などの今までのレギュレーションからかなりの部分で変わる可能性があるが、サッカーがより発展するためにこういった議論をするのは大切であり、もっと活発に議論すべきである。

来季からヨーロッパリーグが開幕

来季からUEFAカップが「ヨーロッパリーグ」に変わる。
最大の変更は本戦がいきなりグループリーグから始まる点だ。
これまでのUEFAカップは1回戦があり、グループリーグを経て、CLのグループリーグ3位がパラシュート的に落ちてくるという、ちょっとややこしい大会方式だった。
しかし、この新たな大会は、成功したCLの方式を踏襲し、“チャンピオンズリーグ2”もしくは“ランナーズアップリーグ”といった方式で開催される。
また、テレビ放映権もCL方式を踏襲し、これまでの各クラブが個別に放映権を売却していた方式から、UEFAが一括して扱うように整備された。大会スポンサーもつき、まとまった額がUEFAから各クラブに分配されることになるわけだ。


現在は出場クラブの間にも、“しょせんUEFAカップか”という空気が流れていたのは否定できない。


しかし、ここにきてなぜ大会の見直しが行われたのか。
新たな大会に隠されたUEFAプラティニ会長の狙いとは?
大会方式をCL方式のUEFA主導に変更して注目を集め、新たなスポンサーが集まり、まとまった額のテレビ放映権が同大会に出場する中小クラブに配られるようになれば、各国で差が広がりつつあるクラブ間の格差も少しは埋まることになる。
そしてそれが、中小クラブをサポートするという意向を持つプラティニの意図でもある。
大国と小国、ビッグクラブと小クラブの格差を縮めようとするプラティニの狙いは成功するか。
来夏、新たに誕生する「ヨーロッパリーグ」に注目したい。
大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。