サッカーコラム発信基地

国内・海外サッカーの試合結果やニュースなど論評を交えながらコラムを掲載。
サッカーショップ加茂 おすすめ商品!
サッカーコラム発信基地トップ > 欧州リーグ>その他
メニュー:欧州リーグ>その他:目次

来季からヨーロッパリーグが開幕

来季からUEFAカップが「ヨーロッパリーグ」に変わる。
最大の変更は本戦がいきなりグループリーグから始まる点だ。
これまでのUEFAカップは1回戦があり、グループリーグを経て、CLのグループリーグ3位がパラシュート的に落ちてくるという、ちょっとややこしい大会方式だった。
しかし、この新たな大会は、成功したCLの方式を踏襲し、“チャンピオンズリーグ2”もしくは“ランナーズアップリーグ”といった方式で開催される。
また、テレビ放映権もCL方式を踏襲し、これまでの各クラブが個別に放映権を売却していた方式から、UEFAが一括して扱うように整備された。大会スポンサーもつき、まとまった額がUEFAから各クラブに分配されることになるわけだ。


現在は出場クラブの間にも、“しょせんUEFAカップか”という空気が流れていたのは否定できない。


しかし、ここにきてなぜ大会の見直しが行われたのか。
新たな大会に隠されたUEFAプラティニ会長の狙いとは?
大会方式をCL方式のUEFA主導に変更して注目を集め、新たなスポンサーが集まり、まとまった額のテレビ放映権が同大会に出場する中小クラブに配られるようになれば、各国で差が広がりつつあるクラブ間の格差も少しは埋まることになる。
そしてそれが、中小クラブをサポートするという意向を持つプラティニの意図でもある。
大国と小国、ビッグクラブと小クラブの格差を縮めようとするプラティニの狙いは成功するか。
来夏、新たに誕生する「ヨーロッパリーグ」に注目したい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。