サッカーコラム発信基地

国内・海外サッカーの試合結果やニュースなど論評を交えながらコラムを掲載。
サッカーショップ加茂 おすすめ商品!
サッカーコラム発信基地トップ

ビッグクラブが名を連ねたCL4強

欧州チャンピオンズリーグ(CL)はベスト4が出そろい、そのうちの3チーム――バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド(マンU)、チェルシーは昨シーズンと同じ顔ぶれとなった。
唯一の違いは、リバプールに代わって、同じイングランドからアーセナルが準決勝に勝ち進んだことだ。
ガナーズ(アーセナルの愛称)は昨年、準々決勝でそのレッズ(リバプールの愛称)に敗れて大会から姿を消している。

それだけではない。
もし、マンUとチェルシーがそれぞれ準決勝でアーセナルとバルセロナを退ければ、昨季のモスクワでの決勝の再現となる。
あるいは、今年5月27日のローマでの決勝がマンUとバルセロナとの組み合わせになれば(誰もが待ち望んでいる対戦であり、最もあり得るカードだろう)、昨シーズンの準決勝の顔合わせだ。
この時は、カンプ・ノウでの第1戦を0−0で切り抜けたマンUが、ホームの“シアター・オブ・ドリームス(夢の劇場)”ことオールド・トラフォードで1−0で競り勝ち、決勝進出を決めた。

こうした状況を考えると、ヨーロッパサッカーは少なくともその構造において、チームとしての戦力や可能性が予想できるようになってきたと言える。
実際、ここ何年かの結果を見ても、上位陣に大きな変化はない。
一握りのビッグクラブの間でビッグイヤー(優勝カップ)が移動しているだけである。
CLで優勝候補に挙げられるチームはほとんど、テニストーナメントでシードされた選手のようなものだ。

ともかく、CLのクライマックスは昨シーズン同様、スペインのバルセロナ対イングランドの3チームという構図になった。
ある意味では首尾一貫しているのだが、イタリア勢は、昨季は8強に1チーム(ローマ)、今季に至っては決勝トーナメント1回戦で3チームが全滅。
UEFAカップでも辛うじてウディネーゼだけが準々決勝に進むという有りさまだった。
レアル・マドリーもその巨額な投資にもかかわらず、ベスト16で姿を消した。
“エル・ブランコ”(レアル・マドリーの愛称)は5シーズン連続での敗退である。
タグ:UEFA

UEFA CLコラム イタリア勢全滅…について

UEFA CL決勝トーナメント1回戦でインテル、ユヴェントス、ローマのイタリア勢がイングランド勢との対戦にすべて敗れ、これで今季CLから全チームが敗退となった。
今季は1チームもベスト8にすら進むことができなかった。
この原因について、イングランド勢の方がイタリア勢よりもフィジカル面で勝っていることを最大の原因である。

イングランドプレミアリーグは普段からもっとフィジカルな試合を行なっている。
イタリアセリエAのクラブは、イングランド勢よりも劣っている。
激しいコンタクトが頻繁にあるなかで国内リーグを戦っているイングランド勢に、フィジカル面で分があった。

もうひとつ問題がある。
それはイタリアのリーグでは試合を邪魔するような行為がとても多く、自ら地面に体を投げ出して恩恵を得るようなトリックが非常に多いこと。
審判たちは、この点についてはもっと試合を流していくべきだ。
これは、速いテンポで流動的な英国のフットボールと比べた際のもうひとつの問題で、審判を欺こうとするシュミレーション行為などが、サッカーの質の向上を妨げている部分がある。

一時期サッカー界を牽引してきた、イタリアセリエAは今輝きを失っている。
また輝きを放つには、クラブ単位だけではなく、国やリーグ全体で問題点を解決する努力をする必要があるのではないか。


またも8強届かず=期待裏切るレアル

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグで、欧州制覇最多9度を誇るレアル・マドリード(スペイン)が決勝トーナメント1回戦でリバプール(イングランド)に敗退を喫した。
5季連続で16強で姿を消すこととなり、かつての威光はさらにかすんだ。

 ホームで0−1で敗れた巻き返しに懸けた第2戦だったが0−4の完敗。
「欧州の精鋭との戦いでは、小さなことが結果に影響する」と、ラモス監督は微妙な判定も絡んだ前半の2失点を恨むように話したが、圧倒された内容では、負け惜しみでしかなかった。

 国内リーグで調子を上げ、首位の宿敵バルセロナとの勝ち点差も縮めていた。
だが、この日味わった相手の攻守の切り替えの速さやプレッシャーの強さは、国内ではそう体験できないレベル。
スペインと世界最高峰と言われるイングランド・プレミアリーグとの現状の差が透けて見えたといっても過言ではない。

 今後は、3連覇が懸かかるリーグ戦に全力を尽くすしかない。
それにしても、弱いレアルは見たくないものだ。 
大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。